雪解けと新雪

6日の夜に新雪が5㎝ほど積もりました。

たかが5㎝ですが、冷たい残雪の上に積もった新雪は消えるのに2日ほどかかるため雪解けはさらに遅れてしまうのです。

今現在の残雪量は例年の4月末の状況で、今年の雪解けは1週間から10日ほど遅れています。

新雪の森と南八ツと南アルプス(5月7日撮影) Photo by Kenji Shimadate

新雪の森と南八ツと南アルプス(5月7日撮影)

今後の気温が高い傾向であれば例年並みの残雪量に近づいていきますが、気温が低い状態が続けば八ヶ岳開山祭の行われる6月始め頃でも登山道の半分近くが氷雪路となってしまうかもしれません。

そうなってしまうと残雪を気にせずに登山ができるようになるのは6月20日以降となってしまうのです。

GW期間中の入山者は例年よりも少なかったのですが、相変わらず氷雪対策不足の登山者が後を絶たず、無知すぎる家族連れの無謀登山まで見受けられました。結果的に転んで手を傷めたり、濡れた足の冷たさに泣きじゃくる子供を見ることなったのです。

新雪の蓼科山(5月7日撮影) Photo by Kenji Shimadate

新雪の蓼科山(5月7日撮影)

北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅駐車場から見上げる北横岳には残雪が無いように見えるため、樹林内に残雪があることを知らない方や事前に下調べもされないような方が入山してから驚くことになります。そして撤退せずに登ってしまってから下りの大変さに気付くことになるのです。

長野県登山条例があっても罰則規定がないため、軽装を極めたようなトレイルランナーや観光客であっても入山禁止とすることができないのが実情です。

そのような方でも遭難すれば救助隊が出動してはくれますが、ただの迷惑者と成り果て社会悪にしかなりません。滑って怪我をして行動不能となったりするのも自由ですが、救助要請ができなかったり救助隊が間に合わなかった場合は、防寒対策不足でそのまま低体温症で命を落としかねないということくらいは知っておいていただきたいと思います。

※坪庭内の北横岳分岐から北横岳山頂までの登山道の9割が氷雪路です。

※装備や認識不足が原因で遭難事故を起こしやすい時期です。準備万全で残雪の春山を楽しまれるようお願いいたします。

※雪解けが進むと氷の層が出てきます。また、残雪の登山道はだんだんと馬の背のようになり、細く歩き難くなるので注意してください。

※個々の能力や登山道の状態により異なりますが、この時期は1日の行程計画は短めに設定される方が無難です。

※凍結箇所が出来るのでアイゼン等の滑り止めを必ず携行してください。4本爪の簡易アイゼンでは役に立たないこともあります。

※当ヒュッテは外来利用のできないことが多々あります。

【山のようす 5月9日現在】

ヒュッテのある標高2400mの最近の気温は、最低が-8℃~4℃、最高は2℃~10℃です。

寒暖差がありますが、装備は必ず寒い方へ対応できるものをご用意ください。

標高2400m付近の積雪量は平均80㎝程度です。残雪の多いところでは150㎝程度となっています。

標高2000m付近の積雪量は0~80㎝程度です。

山の最新情報や装備についての問い合わせは現地電話(090-3140-9702)へお尋ねください。

【予約状況 5月9日現在】

少し先ですが9月7日は満室となりました。

宿泊予約の無い日は閉館しているのでご注意ください。

定員制と予約人数に合わせて食材を買出しして背負い上げるので、宿泊される方は必ず予約してからお越しください。

宿泊を希望される方は「宿泊の方へ」のページも必ずお読みください。
http://kitayoko.fine.to/information

【登山の注意点】

北横岳が活火山であることに留意されますようお願いいたします。尚、北横岳には噴火に備えてのシェルターやヘルメット等の配備はありません。

山の状況に対して装備不足と思える登山者が目に付きます。特に初心者を連れて来られる方は、必ず装備や力量の確認をしてから入山してください。

夕方以降に大怪我等をされても救助活動は翌朝となります。暗くなってからの行動は昼間よりも危険となるので夕方以降は各自の能力範囲内で行動してください。

疲労や道標の見落とし等により行程計画に対し大幅に遅れてしまうことがあります。
最終目的地には15時までに到着できるような計画であることや、トラブル等へ対処するための予備時間を行程計画に入れ込むことをすすめます。

日帰り登山の方でも登山で必要な最低限の装備を必ず携行してください。(装備不足は命が危険に晒されることになります)

万が一の時に備えての装備だけでなく、経験や知識等が必要となるので初心者だけでの登山は控えるようにお願いします。

個人個人の登山能力や装備等が山の状況にそぐわない場合や体調が優れない時などは、登山計画の変更あるいは中止するなど柔軟に対応してください。

緊急時を除き、指定地にテントを張るのがルールです。指定地以外での幕営は植生破壊となる場合があります。

長野県登山条例で登山計画書の提出が義務化されています。

【お知らせ】

10月より宿泊料金の値上げを予定しています。

昼食の提供をしておりません。また不定休となっているので休憩利用ができないことがあります。

救助要請や非常事態の場合を除き、15時半から翌朝8時までは宿泊者以外の立ち入りをお断りしています。

【北八ヶ岳・北横岳ヒュッテ】

営業/通年(要予約、予約のない日は休館となります)

夏期料金(6月〜9月)
1泊2食付き 8200円
1泊夕食付き 7000円
素泊まり 4800円

春季・秋季料金(4月、5月、10月、11月)
夏期料金に対して400円増しとなります。

冬季料金(12月〜3月)
夏期料金に対して800円増しとなります。

収容/30人

ご予約・お問い合わせ
〒391-0301
長野県茅野市北山4035-2 石臼台A-8
島立健二
予約 090-7710-2889
現地 090-3140-9702