自力下山

先週の17日前後は気温がかなり低く、17日の最高気温が8℃で18日の朝の気温は2℃まで下がったのです。

そのおかげで空気が澄み渡り、雲海の広がっていたこの時の朝夕の景観は素晴らしいものでした。

 雲海に包まれゆく朝(8月18日撮影) Photo by Kenji Shimadate

 雲海に包まれゆく朝(8月18日撮影)

しかし、一時的な冷え込みだったとは言え8月中旬にここまで気温の下がった記憶は無く、正直驚いてしまいました。

ただ8月末以降はこの程度の気温まで下がることが珍しくないので、残暑厳しい時期でもしっかりとした防寒対策が必要となるのでご注意ください。

 夕暮れの雲海と槍穂高(8月17日撮影) Photo by Kenji Shimadate

 夕暮れの雲海と槍穂高(8月17日撮影)

17日は宿泊予約が無かったので16時過ぎになったら小屋を閉めて下山する予定でしたが、15時過ぎに単独行の方が急きょ宿泊することになりました。

北横岳から双子池方面へ下っている途中で足を傷め、なんとかここまで戻って宿泊し、傷みがかなり和らいだ翌日に自力で下山されて行きました。

この時の気温でビバークしていたら寒さに震える一夜を過ごさなければならなかったはずでしたが、大事に至らなくて良かったといったところです。

私が把握している限りのことですが、今夏は体調不良や怪我で同行者の支援を受けながら北横岳山頂付近からロープウェイまで下山する事例が3件出ています。

いずれも昼前後の時間帯であったため時間的な余裕があり、且つ支援者の体力や救出意欲が高かったので自力的な下山となったのです。

公式な遭難事故件数は警察や消防等に救助要請があったものだけが数えられるので、このようなケースは遭難であっても公式なものにはなりません。

救助要請がなければ警察等や民間の救助隊員は自分の仕事を中断して山へ向かわなくてよいので、同行者の支援で無事に下山させていただくのは大いに助かるのです。

ただ注意しなければならないのは、怪我や病気が悪化する場合があったり、支援活動中の同行者の負傷、時間切れでロープウェイの営業時間が終了してしまうこともあるので無理のない範囲で支援活動をしなければなりません。

また、山小屋に救助協力を依頼されても支援活動は限られてしまいます。山小屋の人が公的に救助活動を行えるのは警察から出動要請を受けた場合だけです。

公的な保証がない状態での救助活動はリスクが高すぎて気軽に手を差し伸べることができないということをご理解いただきたいと思います。

※落雷の恐れがあるので退避する時間をあらかじめ行程計画に盛り込むことをすすめます。

【山のようす 8月23日現在】

ヒュッテのある標高2400mの最近の気温は、最低が2℃~12℃、最高は8℃~19℃です。

山の最新情報や装備についての問い合わせは現地電話(090-3140-9702)へお尋ねください。

【予約状況 8月23日現在】

少し先ですが10月6日は満室となりました。

9月5日は都合により閉館いたします。

宿泊予約の無い日は閉館しているのでご注意ください。

定員制と予約人数に合わせて食材を買出しして背負い上げているので宿泊される方は必ず予約してからお越しください。

宿泊を希望される方は「宿泊の方へ」のページも必ずお読みください。
http://kitayoko.fine.to/information

【登山の注意点】

北横岳が活火山であることに留意されますようお願いいたします。尚、北横岳には噴火に備えてのシェルターやヘルメット等の配備はありません。

山の状況に対して装備不足と思える登山者が目に付きます。特に初心者を連れて来られる方は、必ず装備や力量の確認をしてから入山してください。

夕方以降に大怪我等をされても救助活動は翌朝となります。暗くなってからの行動は昼間よりも危険となるので夕方以降は各自の能力範囲内で行動してください。

疲労や道標の見落とし等により行程計画に対し大幅に遅れてしまうことがあります。
最終目的地には15時までに到着できるような計画であることや、トラブル等へ対処するための予備時間を行程計画に入れ込むことをすすめます。

日帰り登山の方でも登山で必要な最低限の装備を必ず携行してください。(装備不足は命が危険に晒されることになります)

万が一の時に備えての装備だけでなく、経験や知識等が必要となるので初心者だけでの登山は控えるようにお願いします。

個人個人の登山能力や装備等が山の状況にそぐわない場合や体調が優れない時などは、登山計画の変更あるいは中止するなど柔軟に対応してください。

緊急時を除き、指定地にテントを張るのがルールです。指定地以外での幕営は植生破壊となる場合があります。

長野県登山条例で登山計画書の提出が義務化されています。

【お知らせ】

昼食の提供をしておりません。また不定休となっているので休憩利用ができないことがあります。

救助要請や非常事態の場合を除き、15時半から翌朝8時までは宿泊者以外の立ち入りをお断りしています。

【北八ヶ岳・北横岳ヒュッテ】

営業/通年(要予約、予約のない日は休館となります)

夏期料金(6月〜9月)
1泊2食付き 8200円
1泊夕食付き 7000円
素泊まり 4800円

春季・秋季料金(4月、5月、10月、11月)
夏期料金に対して400円増しとなります。

冬季料金(12月〜3月)
夏期料金に対して800円増しとなります。

収容/30人

ご予約・お問い合わせ
〒391-0301
長野県茅野市北山4035-2 石臼台A-8
島立健二
予約 090-7710-2889
現地 090-3140-9702